用語集

スポンサーリンク

 アミノ酸:自然界には約500種類ものアミノ酸が発見されています。体のタンパク質を構成しているのはわずか20種類です。

 アルギニンアミノ酸の一種。血管を拡げて体のめぐりをよくする。特有の働きとして成長ホルモンの分泌を促進する。

 カフェイン疲労感の減少。老廃物の排出を促す効果がみられる。1日あたり400㎎迄がベター。(コーヒー1杯約100㎎)

 カルニチン:アミノ酸の一種。脂肪酸を運び、効率よくエネルギーに変換する働きがあり、脂肪を燃焼させます。

 コントラクト種目収縮種目。筋肉が収縮しきった状態(コントラクトした状態)の時に最も負荷がかかる種目。例:ケーブルクロスオーバー(メイン:大胸筋)

 シトルリン:アミノ酸の一種。血管を拡げる作用によって血流が増え、疲労感の改善や、運動時に持久力を発揮できるなど、パフォーマンスを向

 ストレッチ種目:伸展種目。筋肉が伸びた状態(ストレッチした状態)の時に最も負荷がかかる種目例:ダンベルフライ(メイン:大胸筋)

 成長ホルモン:"身長を伸ばすホルモン”として知られていますがもう一つ"体にある物質をエネルギーに変えてくれる”。つまり脂肪を燃焼させやすくしてくれます。

 ミッドレンジ種目動作の中盤(ミッドレンジ)で最も負荷がかかる種目。                                        例:ベンチプレス(メイン:大胸筋)

タイトルとURLをコピーしました