肩トレ 三角筋リアを立位で狙う

スポンサーリンク
  • ベントオーバーリアレイズ

メイン:三角筋(後部)肩の後側を鍛えます

①ダンベルを持って上体を水平近くまで前傾させます。

②肩関節を水平外転させながら肘関節を回外させます。

③手の甲が前方に向け腕を下ろします。

④腕を伸ばしたまま後方へ開いてダンベルを引き上げます。

⑤肩甲骨を内に寄せず(内転)肩の動きで開きましょう。

⑥ダンベルは体と水平まで持ち上げましょう。

回数:10~15回できる重さを3セット

ダンベルを体と水平まで持ち上げたところが最大負荷となります(短縮位)

スタート時の腕を下ろしたときに負荷が抜けてしまうところが短所となります

ダンベルを後方へ引き上げる時、肩甲骨を開いたまま、肩の動きで開くと三角筋後部を

動員させやすくなります。

自宅であればペットボトルで代用ができます。

                         パーソナルトレーナー 田辺

パーソナルトレーニングのご案内

 ホーム / トレーナー紹介 / 料金 / アクセス / お問い合わせ

エニタイムフィットネスはこちらから⇩

 エニタイムフィットネス 米原店 

 エニタイムフィットネス 彦根店

 エニタイムフィットネス 長浜インター店

コメント

タイトルとURLをコピーしました