肩トレ 三角筋リアをケーブルで狙う

スポンサーリンク
  • ケーブルリアレイズ

メイン:三角筋(後部)肩の後側を鍛えます

①左右のケーブルを交差させて握ります。

②肩関節を水平外転させます。

③腕を伸ばしたまま後方へ開いています。

④肩甲骨を内に寄せず(内転)肩の動きで開きましょう。

⑤握り手が体と平行になるまで開きます。

回数:10~15回できる重さを3セット

※ケーブル種目はダンベルで行う同種目と比べ、

 可動域を通して負荷が抜けにくくなります

ケーブルを後方に開き始めるところが最大負荷となります(やや伸張位)

肘をのばしたまま後方に開きます

腕をクロスさせて可動域を広げましょう。

                         パーソナルトレーナー 田辺

パーソナルトレーニングのご案内

 ホーム / トレーナー紹介 / 料金 / アクセス / お問い合わせ

エニタイムフィットネスはこちらから⇩

 エニタイムフィットネス 米原店 

 エニタイムフィットネス 彦根店

 エニタイムフィットネス 長浜インター店

コメント

タイトルとURLをコピーしました