ダイエットの仕方 食事方法

スポンサーリンク

 食事ってお腹いっぱいで満足感でみたされたいですよね。しかしダイエット中はどうしても我慢が必要です。ではどうしたらうまく食欲を抑えることができるのでしょうか。

 食事習慣や生活スタイルによって個人差はありますが、ある程度認知度があって一般的であり、最も有力な方法や理論を紹介します。

 それでは食事方法、食欲との向き合い方を3つ紹介。

①食欲を満足されるのは洋食より和食

 あなたはパン派(洋食)それともごはん派(和食)ですか?

 食欲を満足される満足感が継続させるのは洋食か和食か!を判断する実験があります。

 その方法は朝食と昼食をパン食(洋食)にした場合とごはん食(和食)にしたグループを比較すると、ごはん食(和食)にしたグループの方が食後の満足感が高かったことが判りました。

 更に、朝食を取らずに昼食をパン食(洋食)にした場合とごはん食(和食)にしたグループを比較しても同様の結果がでました。

 よってごはん派(和食)の方が満足感が継続させ次の食事で暴飲暴食させるリスクを軽減させるのです。

②満足感が得られるのは脂質より糖質

 更に踏み込んで満足感を解説します。前項の説明により洋食より和食が満足感を優位した要因は糖質にあります。

 つまり栄養素において糖質を摂取することで満足感が得られます。

 糖質を摂取するとグレリン(食欲を高ぶらせるホルモン)の分泌が抑制されます。

 詳細は↓

 糖質を摂取した30分後からグレリンの分泌が減少し、1時間後には最低値まで減少します。そして低い状態が摂取後2時間以上満腹感が継続されるのです。

 食欲を抑える為にも、早食いは厳禁。しっかり咀嚼してグレリンの分泌が抑制されるのを待つことがポイントです。

  

③人は思い込みによって食欲を抑えられる

 興味深い実験を紹介します。ハーバード大学で行われた実験で、1つのグループには「高カロリー」と貼ったミルクシェイクを、もう一方のグループには「低カロリー」と貼ったミルクシェイクを飲んでもらいました。どちらのグループも同じ360kcalです。

 この実験は心理的な思い込みが食欲にどのように影響するのかを調べる為に行われました。

 その結果、「高カロリー」と貼ったミルクシェイクを飲んだグループはラベルを見た段階でグレリンが上昇し食欲を高ぶらせ、飲んだ後はグレリンが低下して満腹感で満たされました。もう一方の「低カロリー」と貼ったミルクシェイクを飲んだグループはグレリンの量はほとんど変わりませんでした。

 つまり、ダイエット食品とうたわれた食品は低カロリーと思い込み食欲は抑えられません。しかし、高カロリーと期待値が高いくグリセリンが上昇しますが、その後にくる罪悪感なのかグリセリンが急降下しました。

 美味しい食べ物は心の体も満たします。・・・ですが食べ過ぎは厳禁!

グレリン=食欲を高ぶらせるホルモン

追記:パーソナルトレーナー 田辺

    実体験 ダイエット食事方法

 ダイエット食事方法はいくつかありますが僕が実際やってみて、うまくいった方法は食事回数を増やす方法です。通常3食(朝食・昼食・夕食)取りますが、6食に増やします。例えば通常3食の場合のトータルカロリーが2000kcalで、1食あたり約650kcalです。

 これを6食に増やした場合はトータルカロリーが2000kcalはそのままで1食あたり約330kcalにします。

 この方法は食事回数を増やすことによりお腹が減りにくいこと、そして最大のメリットは1食あたりのカロリーが低い為、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられ難くなることです。

 この方法は生活スタイルにより継続しにくい場合がありますので、ストレスになるようであればおすすめしません。

 その他に、糖質制限ダイエットや脂質制限ダイエットなどありますが継続できて更にノンストレスな方法を取捨選択してください。

パーソナルトレーニングのご案内

 ホーム / トレーナー紹介 / 料金 / アクセス / お問い合わせ

エニタイムフィットネスはこちらから⇩

 エニタイムフィットネス 米原店 

 エニタイムフィットネス 彦根店

 エニタイムフィットネス 長浜インター店

コメント

タイトルとURLをコピーしました