ダイエット 良質なタンパク質

スポンサーリンク

 良質なタンパク質はダイエットの味方です。

 適切な量を摂取することで痩せやすい体がつくれます。

 ではタンパク質が不足するとどうなるのでしょうか。

 ・太りやすくなる

(筋肉量が減れば基礎代謝が減ります)

 ・肌が荒れやすくなる

(タンパク質は髪、皮膚、爪の原料です)

 ・筋肉量が減ってしまう

(タンパク質は筋肉、骨、血管の原料です)

 ・不健康になる

(酵素の原料になります)

 ・活力が下がってしまう

(ホルモンの原料になります)

 ですのでタンパク質は必須なのです。

 それでは良質なタンパク質をとればわかるメリットを3つ紹介します

①痩せやすい体になる 

 基礎代謝量が多ければエネルギーが多く使われ痩せやすい体になります。そのためには筋肉量を増やす必要があります。良質なタンパク質を摂取することで筋肉量の維持と増加につながります。特にダイエット中にタンパク質が不足すると筋肉が分解され、エネルギーとして使われ基礎代謝量が減ってしまうので気を付けて下さい。

 良質なタンパク質で痩せられる食べ方は朝、昼、夜と毎食バランスよくタンパク質を摂取することです。動物性のタンパク質と植物性のタンパク質の両方を摂取するようにして下さい。

 タンパク質は食べ物の消化と吸収の過程で消費されるエネルギーが高いです。タンパク質の消化と吸収には食べた量の30%がエネルギーとして使われる為、肉や魚や豆類などの固形物から優先的に食べ物を選んでください。

②質的栄養失調を治す

 日本人のほとんどがタンパク質不足です。そのため代謝が上手く行えず様々な病気で体調不良となってしまいます。

 それではどの位のタンパク質を摂れば良いのでしょうか?

 タンパク質の摂取量は最低でも1日に体重×1gです。運動や日頃から多く体を動かされている人は1日に体重×1.5g~2gは摂りたいです

 代謝を上げて病気や体の不調を改善させましょう。

 

③幸せな気持ちややる気があがる

 タンパク質を摂取することで悩のホルモンである、セロトニンやドーパミンの原料になります。

 セロトニンは幸せホルモンと呼ばれています。幸福感を感じたり、悩の生産性が上がります。

 ドーパミンはやる気ホルモンと呼ばれています。やる気が上がり、活力が湧いてきます。

 ですのでタンパク質をとれば、幸福感・悩のパフォーマンスややる気・活力が上がります。

 追記:良質なタンパク質とは

 良質なタンパク質とはアミノ酸スコアが100に近い食材のことです。アミノ酸スコアとは体内で作り出すことが出来ない必須アミノ酸が9種類含まれる食材です。それが牛肉、豚肉、鶏肉、魚、大豆、卵などです。

 またプロテインパウダーは脂質が少なく、運動前後に摂取しやすい為に活用しましょう。

 

パーソナルトレーニングのご案内

 ホーム / トレーナー紹介 / 料金 / アクセス / お問い合わせ

エニタイムフィットネスはこちらから⇩

 エニタイムフィットネス 米原店 

 エニタイムフィットネス 彦根店

 エニタイムフィットネス 長浜インター店 

コメント

タイトルとURLをコピーしました